ウィーン&ブダペストの旅 ウィーン編 ウィーン&ブダベストの旅 ブダペスト編へ
ブダペスト編 / 院長の独り言に戻る
 
音楽をはじめとして多くの文化が花開いたオーストリアの首都ウィーンと、歴史の重みを感じさせる多くの世界遺産が残るハンガリーの首都ブダペストの旅に行ってきました。

こちらはウィーン編です。
 
 
ハプスブルク家”マリア・テレジア”の広大な別荘”シェーンブルン宮殿”です。
 
 
世界遺産にも指定されています。
 
 
 
 
とにかく庭が広いので、庭木の手入れのは巨大な半円型のカッターマシンで行うそうです。
 
 
 
 
遠くに見えるのが、庭で狩りをしたあと休んだ場所です。
とほうもなく遠いので、この写真だけです。
 
 
モーツァルトが住んだアパートです。
 
 
工事中の教会。
工事の幕に完成後の姿がプリントされていて、景観を損ねないようになっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここがスワロフスキーの本店です。
 
 
歯医者さんの看板を見つけたので思わず撮影。
インプラントもやっているみたいです。
 
 
”ホテル・ザッハ”のカフェに行きました。
 
 
 
 
泊まったホテルの鍵です。
ちょっとお洒落でしょ。
 
 
鍵と大理石のテーブル。
 
 
ホテルの受付。
ウィーンはドイツ語でした。
 
 
 
 
建物と建物の壁がくっついているのが不思議です。
 
 
自分も使っている腕時計ブランド”ブレゲ”のお店がありました。
 
 
モーツァルト・・・
 
 
ゲーテ・・・
 
 
ベートーベン。
だったと思います。違っていたらごめんなさい。
 
 
ウィーン交響楽団の本拠地がありました。
 

ウィーン&ブダベストの旅 ブダペスト編へ

ブダペスト編 / このページのトップに戻る / 院長の独り言に戻る