ウィーン&ブダベストの旅 ブダペスト編 ウィーン&ブダベストの旅 ウィーン編へ
ウィーン編 / 院長の独り言に戻る
 
音楽をはじめとして多くの文化が花開いたオーストリアの首都ウィーンと、歴史の重みを感じさせる多くの世界遺産が残るハンガリーの首都ブダペストの旅に行ってきました。

こちらはブダペスト編です。
 
 
直行便が無いので、まずはウィーンの空港に到着。
 
 
帰りにチョコレートを買いました。
 
 
ブダペストに到着。
 
 
ドナウ川沿いのホテルに泊まりました。
 
 
川の向こうに見える宮殿が国会議事堂です。
 
 
ドナウ川をはさんで向こう側がペスト地方。手前がブダ地方。
 
 
朝日がペスト地方から昇ってきます。
 
 
 
 
3人組のバンド。
なかなか上手でした。
 
 
 
 
現地のお酒をのみました。
 
 
 
 
列車の駅です。
 
 
列車には作曲家ハイドンの絵が描かれていました。
 
 
元・在日ハンガリー大使のお家に招待されました。
 
 
庭でサッカーができるので、生まれ変わったら大使になりたいです。
 
 
写真は小錦にハンガリー陶器を渡しているところ。
 
 
庭で鶏肉の煮込み料理を作ってもらいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワインセラーもありました。
 
 
ブダペストの郊外で馬に乗りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
ここの人は、自給自足で生活しているそうです。
 
 
 
 
伝書バトの小屋。
伝書バトの訓練をしてました。
 
 
リスト記念館に行きました。
リスト愛用のテーブルとイス。
ここで作曲したようです。
 
 
リストの手です。
 
 
小さいピアノ
 
 
コンサート用のピアノ
 
 
オルガン
 
 
りっぱな譜面台です。
 
 
リストの肖像画ですが、ものすごくハンサムで女性にもてたようです。
 
 
ベーゼンドルファーが作ったものです。
 
 
 
 
有名なゲレルト温泉です。
 
 
 
 
 
 
温水プールもありました。
 
 
 
 
 
 
ハプスブルク家の王宮から見るドナウ川。
 
 
 
 
王宮です。
 
 
王宮の中では、生演奏もしています。
 

ウィーン&ブダベストの旅 ウィーン編へ

ウィーン編 / このページのトップに戻る / 院長の独り言に戻る