歯の痛みについて
 歯が痛いというのはとてもうっとうしい事で、今すぐどうにかして欲しいと思うものです。多くの患者さんが歯が痛いという事を訴えて来院されます。現在の医療技術を用いれば殆ど痛みを感じることなく治療していく事が可能です。しかしながら、麻酔薬を使うのは最小限にした方がいいのも事実です。麻酔薬は毎日世界中で膨大に使用されているもので、世界で最も厳しい日本の厚生省認可を受けていますが、薬剤で有る事には変わりありません。そのため麻酔しなくてもあまり痛みを感じることなく治療できそうな場合ではしないのが一般的です。同じ治療でも人によって、また、その日のその歯の状態によって感じる痛みには大きな違いがありますので、治療中に痛みが強ければ、無理に我慢せず、左手を上げるなどして歯科医に合図してください。
 
歯の痛みには
    ズキズキする
    ジーンとする
    ビーンと痛みが走る
    触ると痛い
    噛むと痛い
    疼く
    重苦しい
    しめつけられるような
    針で突くような
    ピリピリする
    むずむずする など、様々な痛みがあります。
 
 歯科医に痛みを訴える時には、どの部分が、いつから、どんな時、どの程度痛むのかを できるだけ具体的に伝えていただくと治療もやりやすく、患者さまに最も適した治療法を 決定する事が出来ます。
  
(例)
 「2週間前から、何もしなければ痛くないが冷たいものがしみて気になっていました。昨日からは痛み出したので痛み止めを2回、朝と晩に飲みましたが今朝からはとても痛く薬が効かなくなりました。痛いのは左の下、奥から2番目か3番目あたりです。」
  
 こんなふうに伝えていただくと大変わかりやすいのです。この段階で概ね治療法の選択が出来ます。ただ「歯が痛いから来ました。」と言われるのとは大違いです。具体的に事実をお伝え下さい。

むらせ歯科では初めから診療の椅子にはお通ししません。短い時間ですが初めに院長が同じ目線で面談いたします。診療が終わった後も同様にしています。わずかな時間ですが、その方が患者さんの心理的な負担がずっと少ないからです。
歯 NEXT
 
  むらせ歯科トップページはこちら→⇒  トップ
 
Copyright (C) 2005 むらせ歯科医院 All Rights Reserved