インプラント
 
インプラントとは、歯の失われた部位の顎の骨の中に、人工的な歯根を埋め込み、 その上に人工歯を取り付ける治療方法をいいます。

インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造をもち、口の中の機能回複 と審美性を追求した新しい治療です。
 
インプラント
*
インプラント
顎の骨の中に金属(チタン)を埋め込みます
 
インプラントの特長
・自分の歯のような自然な使用感
・見た目が自分の歯とほとんど変わらない
・噛む力が低下しない
・周囲の歯に負担をかけない
 
治療の流れ
@初診
 インプラント治療についての相談と説明

A診査
 1、病歴・健康状態の問診
 2、口の中の診査
 3、レントゲン写真

B診断
 治療方針の決定と説明

C手術
  1、 歯の根が顎の骨の中に埋っているように、専用の器具で顎の骨の中にインプラントを埋めるための孔を作ります
  2、 インプラントの歯根部を骨の中に埋入して、歯肉でおおい保護しておきます
  3、 概ね3ヵ月後に埋っているインプラントの上をトリミングして支台部を取り付けます
 
近代的なインプラントが、出来たのは今から30年以上前になります。
私自身文献等で、流れをずっと見てきていましたが、上手く行かない時に感染を起こすのが大きな問題と考え、取り組みませんでした。
ところがここ数年で素晴らしいインプラントが開発されました。
当院で使用しているものは表面をスポンジ状に加工してある物で、
本体が以前の物よりずっと小さくでも十分な維持力があり、
その上何か問題が有れば人体に影響を与える事無く脱落してくれる
まさしく天然の歯に取って代わることの出来る素晴らしい物です。
まだまだご本人の骨の状態、全身状態等慎重に取り組まないといけませんが、最大10年の臨床データーで、95%の成功率を示しており、
上手く行かない5%も初めの1年以内にトラブルが出ていますので、
1年機能しているインプラントの全てが身体の一部として10年機能しています。(日本大学歯学部のデーター)

現在アメリカではごく当り前の診療になっておりますので、
今後日本でも普及して行くと思います。
出来れば前もってCTを取って骨の内部の状態を調べておいた方が良かったり難しい部分も有りますので、詳しくは直接ご相談下さい。
歯 NEXT
 
トップ
 
Copyright (C) 2005 むらせ歯科医院 All Rights Reserved