顎関節症について
かみ合わせに不具合(ズレ)があると、顎の関節や顎を動かす筋肉に負担をかけてしまいます 。それによって、肩が異常にこったり倦怠感、頭痛などの様々な症状が現れます。
かみ合わせは歯科医でなくては直すことの出来無い事ですから、200年以上も前から世界中で色々な研究がされて来ましたが、色々な学説が乱立した上に各々が難解な迷路にはまり込んで行き混乱して来た歴史があります。そのためほとんどの歯科医はどれが正しいのか難解で迷ってしまっているのが現状です。

約30年前に現岡山大学名誉教授の山下敦と、アメリカシアトルのジャンケルソンが提唱した理論は画期的な物で、一部ですが優秀な歯科医に長い間支持されて来たものです。

現在部分的に健康保険にも適用され、当院でも長期の予後が良好ですので、積極的に勧 めております。義歯の安定、歯周病の改善、肩こり、頭痛から、背骨の湾曲、手足のしびれ、歩行のゆれ等今迄原因不明だった色々な病態が、改善されています。
 
正常なかみ合わせ 下の顎が左にずれた位置でかみ合っている
顎関節症 顎関節症 左側の筋肉は縮み右側の筋肉は引っ張られた状態になっているため、右側の肩がこったり頭痛が起きたり、口を開けると関節がガクンと音を立てたりします。
下の顎が左にずれた位置でかみ合っている 関節が伸びている     縮んでいる
     筋肉が引っ張られる
  
平面的な図で示しましたが、同様のことが左右だけではなく前後、上下の顎の動きにおいて立体的なズレとして起こっています。
治療法
顎関節症 正確なかみ合わせの位置を決めるために、マイオモニターと 呼ばれる筋肉をリラックスさせる機械を使い、ご本人の左右 の咀嚼筋に最も適したかみ合わせの位置を見つけます。
その位置で噛めるように作成したマウスピースのような物(スプリント)をなるべく長時間使っていただき、経過を見ます。(1ヶ月から最長1年半)
顎関節症 * 顎関節症
筋肉がつっぱっている 筋肉がリラックスしている

かみ合わせの観点から見ると間違っている位置でも、長期に渡って生体がその位置で習慣的に適用してきていますので、慎重に経過を見てスプリントでの位置が患者さんにとって良好である事を確認してからは、スプリントが無くてもその位置で噛めるようにかみ合せを調整して行きます。

顎関節症とまで行かなくても潜在的にかみ合わせに問題がある患者様は実はとても多くいらっしゃいます。治して行くと明るい表情でしっかり左右で物が食べれるようになったと、おっしゃって頂ける事が我々の大きな喜びです。多くの患者さまが美味しく色々な食事が取れるようになる事が我々の使命と考えております。
歯 保険と自費の違い
トップ
 
Copyright (C) 2005 むらせ歯科医院 All Rights Reserved