ブリッジ・義歯について
 
ブリッジ
ブリッジ
何かの理由で
歯がない場合
ブリッジ
かぶせる
ブリッジ
 
義歯(入れ歯)
義歯(入れ歯)
義歯(入れ歯)
ない歯が多い場合 義歯にする
 
ブリッジは取り外ししなくてよいため、患者さまの使い心地は良好です。
しかし現在残っている歯を削らなくてはいけませんし(だいたい悪くなっている事
が多いのですが)、残っている歯の負担がふえるので、しっかりした場合でないと
いけない点、製作するのに時間がかかる点がデメリットとしてあります。

義歯は顎の粘膜の上にのせて使うもので、現在残っている歯をほとんど削らなくて
すむ、製作がわりと早くできる等の利点がありますが、一方で毎日取り外さなくて
はいけない、固いものや噛み切りにくいもの(するめ、たくあん等)は顎の状態が
良くないと義歯が動くので、食べにくい等の欠点があります。

一般的にはブリッジで製作できる場合はブリッジで、ブリッジでは長持ちしない場
合には義歯にするというのが一般的です。
歯 NEXT
 
トップ
 
Copyright (C) 2005 むらせ歯科医院 All Rights Reserved by hsn